2007年パ・リーグクライマックス 北海道日本ハム優勝で日本シリーズ出場権獲得

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
クライマックス・パ第2ステージの最優秀に輝いたダルビッシュ投手(GFDL)

【2007年10月19日】

中日スポーツによると、日本プロ野球ヨドバシカメラパ・リーグクライマックスシリーズ第2ステージ(優勝決定戦相当 5戦3勝制)の北海道日本ハム千葉ロッテ第5試合が10月18日札幌ドームで行われ、北海道日本ハムが6-2で千葉ロッテを下し、3勝2敗でパ・リーグクライマックス初代優勝に輝き、チーム初の2年連続(通算4度目)の日本シリーズ出場権を獲得した。

朝日新聞によると、北海道日本ハムは3回に千葉ロッテの成瀬からセギノールが3点ホームラン、4回に鶴岡選手がセンターへの2塁打などを打つなど、6点をリード。6回と9回に千葉ロッテが2点を返すが反撃は及ばなかった。中スポによると、北海道日本ハムは10月27日に札幌ドームで始まる日本シリーズ(対セ・リーグクライマックス優勝チーム。7戦4勝制)で西武が1990年から3連覇を達成して以来の日本一連覇を目指す。また読売新聞によるとこの第2ステージの最優秀賞はダルビッシュが選ばれた。

出典[編集]