2007サッカーJ2リーグ、札幌と東京VがJ1昇格

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2007年12月1日】 時事通信によると、優勝と昇格争いが最終戦にもつれ込んだサッカーJ2リーグ(Jリーグ2部)は12月1日に最終の第52節6試合があり、コンサドーレ札幌東京ヴェルディのJ1リーグ(1部)昇格と、京都サンガ入れ替え戦進出が決定した。

北海道新聞によると、札幌はこの日札幌ドームで行われた水戸ホーリーホックとの試合で一旦は先制を許したが、前半43分と後半38分にダビ選手がゴールを奪って逆転に成功し2-1で勝利し、2002年以来6年ぶりにJ1復帰を決めた。また読売新聞によると、前節(51節)で首位に立った東京Vはセレッソ大阪と対戦し2-2で引き分けたが、2005年以来2年ぶりのJ1復帰となった。また最終順位はこれにより札幌が勝ち点91、東京Vは勝ち点89となり、札幌の優勝が決定した。

時事と読売によると、京都は1-1でザスパ草津に引き分けたため3位となり、J1の16位チームとの入れ替え戦に廻り、12月5日と8日にホーム&アウェーでJ1昇格をかけて対戦する。

出典[編集]