都市対抗社会人野球決勝 TDKが東北勢初の社会人日本一に

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
決勝が行われた、TOKYO DOME(資料)

【2006年9月6日】

デイリースポーツによると、社会人硬式野球第77回都市対抗大会決勝戦が9月5日、東京ドーム球場で開かれ、TDK秋田県にかほ市)が日産自動車神奈川県横須賀市)を4-3のスコアで下し、東北のチームとして大会史上初めての優勝に輝いた。TDKは9回目の出場でこの大会の1回戦で初勝利を挙げ、その勢いに乗っての日本一だった。

1 2 3 4 5 6 7 8 9
TDK    0 0 0 2 0 0 2 0 0 4
日産自動車 0 0 1 0 0 1 1 0 0 3


毎日新聞によると、試合は日産が3回に1点を先制するが、4回TDKはすぐに高倉、岡崎2選手の連続タイムリーヒットで2-1で逆転。6回に日産が吉浦のレフトへの2点ホームランで2-2の同点に追いつくも、7回TDKは再び2アウトから日産の投手・高崎のワイルドピッチ(暴投)と、その後の小町の右中間へのタイムリー2塁打で再び4-2と勝ち越す。その裏の日産も1点を返すも反撃をこの1点に抑えて勝利しTDK悲願の社会人日本一の座に輝いた。なお東北勢のこれまでの最高位は第30回(1959年)の富士鉄釜石の準優勝だった。日産は第76回(2005年)の大会(優勝:三菱ふそう川崎)に続く2年連続準優勝となった。

試合後表彰が行われ、最高殊勲選手に当たる橋戸賞をTDKの野田正義投手が受賞した。またTDKは大会優勝に加え、大会において最も素晴らしいチームに対する賞・小野賞との2冠を獲得した。その他の賞受賞者は以下のとおりである。

  • 久慈賞(敢闘選手) 吉浦貴志(日産自動車)
  • 若獅子賞(新人王) 田口篤史(TDK)
  • 打撃賞 佐々木弥(TDK)
  • 首位打者賞 下窪陽介(日本通運さいたま市 打率0.412)

また、毎日新聞によると出場32チームの応援団コンクールの期間賞(全12日間の試合に於ける応援を対象に審査するもの)も発表され、JR東日本東京都)が最優秀賞、また優秀賞にはJFE東日本千葉市)、敢闘賞は大会優勝のTDKがそれぞれ選ばれた。

出典[編集]