2006年度日本プロ野球優秀選手表彰

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年11月15日】 産経新聞によると、日本プロ野球の2006年度優秀選手が11月14日に都内で行われた「プロ野球コンベンション」の席上で発表・表彰された。

それによると、両リーグの最優秀賞 (MVP) には、パ・リーグ北海道日本ハム小笠原道大内野手、セ・リーグ中日福留孝介外野手がそれぞれ初受賞した。また新人王はパ・リーグは北海道日本ハムの八木智哉投手、セ・リーグは広島梵英心内野手がそれぞれ選ばれた。

日刊スポーツによると、小笠原選手は北海道日本ハム44年ぶりの日本一に貢献する強打者で、2006年は32ホームラン・100打点のリーグ2冠を獲得。「リーグでただ1人しか取れない名誉賞を1度は獲得したかった」と話した。

また日刊スポーツによると両リーグのベストナイン(優秀選手賞)も発表された。

セ・リーグ[編集]

パ・リーグ[編集]

出典[編集]