2006プロ野球アジアシリーズ、北海道日本ハム優勝

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年11月12日】 産経新聞によると、プロ野球KONAMI杯アジアシリーズ2006の決勝戦が東京ドームで11月12日行われ、北海道日本ハムファイターズ台湾のラ・ニュー・ベアーズを1-0で下し、アジアシリーズ初優勝を決めた。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 H
ラ・ニュー・ベアーズ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2
北海道日本ハムファイターズ 0 0 0 0 0 0 1 0 x 1 5

スポーツニッポン、日刊スポーツによると、北海道日本ハムの先発はダルビッシュ投手、ラ・ニューの先発はシュウ・ウェンシュン投手。試合は両先発の好投で中盤まで投げあいが続いたが、7回裏、北海道日本ハムは相手のエラーと暴投でランナーを3塁に進めると、鶴岡選手がタイムリーヒットを放ち先制。その1点を武田久マイケル両投手が守り勝利した。2005年度の千葉ロッテマリーンズに続いて2年連続で日本勢がアジア王座に輝いた。

なお、最優秀選手には北海道日本ハムのダルビッシュ投手が選出された。

出典[編集]