2005年日本レコード大賞に倖田來未さんの「Butterfly」

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年1月1日】

2005年12月31日の報道機関各社によると、2005年・第47回日本レコード大賞の表彰式が同日、東京都新国立劇場で行われ、大賞に倖田來未(こうだくみ)さんの「Butterfly」(バタフライ)が選ばれた。

日刊スポーツ、産経新聞、デイリースポーツによると、日本レコード大賞は金賞に選ばれた10作品を対象に審査が行われ、倖田來未さんの「Butterfly」が金賞を受賞し大賞に輝いた。倖田さんは、露出度の高いセクシーな衣装と踊りなどが評判となり、2005年9月21日に発売したベストアルバム「BEST~first things~」は140万枚のセールスを記録しており、初の金賞受賞にして初の大賞受賞となった。倖田さんは京都府の出身。2000年にシングル「TAKE BACK」で歌手デビューした。

その他、最優秀新人賞には男女8人組のユニット「AAA」(トリプル・エー)、最優秀歌唱賞には演歌歌手の水森かおりさんが選ばれている。

出典[編集]