2005年度Jリーグ表彰式開く

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2005年12月20日】

毎日新聞、時事通信、共同通信によると、Jリーグ(日本プロサッカーリーグ)の2005年度表彰式「2005Jリーグアウォーズが、12月20日、神奈川県横浜アリーナで開かれた。

2005年度の最優秀選手賞 (MVP) はガンバ大阪のアラウージョ選手が初選出された。アラウージョ選手は2005年度のリーグ戦で33ゴールを挙げ得点王に輝き、チームの悲願のJリーグ初タイトル獲得に貢献したことが高く評価された。関西地方を本拠とするクラブ所属選手がMVPを獲得するのもアラウージョ選手が初めてである。アラウージョ選手には賞金200万円と副賞の外国車が贈呈された。

また、最優秀新人賞(新人王)は、ジュビロ磐田カレン・ロバート選手が、最優秀監督賞は優勝したガンバの西野朗監督に、また優勝争いを繰り広げたセレッソ大阪小林信二監督、並びにナビスコ杯でやはり念願のJリーグ初タイトルを手にしたジェフ千葉・市原イビチャ・オシム監督には特別監督賞がそれぞれ贈られた。

またベストイレブン賞は、優勝したガンバから全チーム最多の3人が選ばれている。初受賞はガンバのフェルナンジーニョ、セレッソの吉田宗弘と古橋達弥、千葉・市原のストヤノフと阿部勇樹サンフレッチェ広島佐藤寿人の各選手。また鹿島アントラーズ小笠原満男選手は今表彰選手最多の5回目の選出だった。

出典[編集]