黄海でタンカーから原油流出

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2007年12月10日】 東亜日報日本語版によると、7日午前7時半頃(韓国標準時UTC+9)、大韓民国忠清南道泰安郡沖の黄海上で香港船籍のタンカーと三星重工業所属の海上大型クレーンが接触・衝突し、タンカーから原油が流出した。東亜日報によると、海洋警察庁の試算によると流出した原油は15,800キロリットルにもおよび、韓国史上最悪の海洋事故だという。

産経新聞朝日新聞などによると、8日には原油が沿岸に漂着し始めたとのこと。原油の除去作業には二ヶ月程度掛かると見られ、周辺ある養殖いかだやこの地域に生息する生物への悪影響は必至だという。朝鮮日報は、観光地である万里浦海水浴場の砂浜が原油で黒く染まった写真を掲載し、被害状況の深刻さを伝えた。

産経新聞によると、現地では韓国軍や行政機関、地元住民が原油の除去作業に当たっているが、人手が足りておらず作業は難航している模様。

出典[編集]