高知競馬場で競走馬ミヤマリージェントが引退

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2014年2月28日】

パドックを周回するミヤマリージェント(2014年1月15日))(CC-by-sa-3.0)

競走馬のミヤマリージェント(牡15歳)が2月23日の高知競馬場の第10競走を最後に引退した[1]。ミヤマリージェントの生涯戦績は329戦13勝[1][2]パークリージェントを父に[3]ダイコーター母の父に持つ同馬は[3]、2001年(平成13年)5月に札幌競馬場でデビューを果たした後は各地を転戦し[1]、2005年に高知競馬場へ転籍してきた[1]。なお出走数329戦はセニョールベストの389戦(2014年2月25日時点)に続いて高知競馬場の歴代2位の記録である[1]

ミヤマリージェントには「連敗馬」という側面があり、2009年10月31日に勝利したレースを最後に[1]、2013年1月14日には114連敗を記録し[1]、かつて高知競馬場で「負け組の星」として有名となったハルウララが記録した113戦0勝という高知競馬の「連敗」記録を塗り替えた[1]。その後も引退まで連敗が続き151連敗を記録した[1]。最後の競走となった2月23日第10競走でミヤマリージェントは第3コーナーまで果敢に先行し、結果は4着入線となる[4]。遂に勝利は飾れなかったものの、最後まで恥じる事のない走りをファンへ向けて見せた。

ミヤマリージェントは引退後新たなオーナーの元で余生を過ごす[1][4]。ミヤマリージェントを管理していた国沢輝幸調教師は「長い間ご苦労さまと声を掛けてやりたい。」と同馬を労い[1]、「高知競馬が苦しい時期をともに戦った、いわば戦友だと思っています。」と共に生き抜いた戦歴を誇った[1]

情報源[編集]

  1. 1.00 1.01 1.02 1.03 1.04 1.05 1.06 1.07 1.08 1.09 1.10 1.11 倉沢仁志 『競馬:ハルウララ超え151連敗、ミヤマリージェント引退』毎日新聞、2014年2月26日。
  2. 『競走馬データ - ミヤマリージェント』netkeiba.com、。
  3. 3.0 3.1 『地方競馬 データ情報-ミヤマリージェント』地方競馬全国協会、。
  4. 4.0 4.1 『高知けいばニュース - ミヤマリージェント号の引退について』高知競馬場、2014年2月23日。