高校の必修漏れ、41都道府県に

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
Jump to navigation Jump to search
必修漏れのあった都道府県

【2006年10月28日】

高等学校の必修漏れは、28日までの調査で41都道府県にわたっていることが、わかった。

必修漏れがある高校は、朝日新聞の調べで404校、毎日新聞の調べで403校となっており、いずれも41の都道府県で必修漏れが見つかっている。日本経済新聞によれば、島根県では公立高校の45.2%にあたる19校、岩手県では公立高校の39.2%にあたる31校、長野県では公立高校の30.7%にあたる28校で必修漏れがみつかった。

読売新聞によれば、未履修の必修科目がある生徒は、総計で8万6,000人を超えた。

読売新聞によれば、福島県の富田孝志教育長は、福島県立福島高等学校の校長時代に、また長野県の山口利幸教育長は、長野県長野高等学校の校長時代に、静岡県の遠藤亮平教育長は静岡県立静岡高等学校の校長時代に、それぞれの学校で必修漏れがあった。

中高一貫教育の水戸市の私立茨城高等学校では、世界史Bの授業を中学3年で履修していたが、これも必修漏れに当たると茨城県教育委員会は判断した。

安倍晋三首相は27日、救済策の検討をするよう、伊吹文明文部科学相に指示をした。公明党は、27日、与党教育再生協議会で、北側一雄幹事長が、生徒の負担軽減、原因の究明、学習指導要領の見直しを検討すべき課題とした。

関連項目[編集]

出典[編集]