韓国野球新チームの名称は「ウリ・ヒーローズ」

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2008年3月8日】 韓国の朝鮮日報によると、韓国プロ野球リーグに新規参入するセンテニアル・インベストメントを運営の母体とする球団のチーム名がウリ・ヒーローズとなることが2月28日決まった。

朝鮮日報の別記事によると、センテニアル社は2月21日に韓国のタバコメーカー・ウリタバコ社と3年間・300億ウォン(日本円レートで34億円相当)のメインスポンサー契約を締結。チーム名のネーミングやユニホーム、ヘルメット・帽子などに広告を掲出する権利を与えた。またスポンサー後援料は選手やフロントの毎月の給料日の前に入金されて、安定した経営が出来るという。ウリ社は2006年に韓国初の民間資本のタバコ会社であり、2007年12月に財政経済部からの事業認可も得ている。

2月28日ソウル市で行われた球団命名式で、ウリ社は企業の社会的倫理と公益性を踏まえて正式社名の「タバコ」の文字は入れず、チーム名を「ウリ・ヒーローズ」とすることを決めた。またこの日はユニホームのお披露目もあり、「飛翔する英雄」をイメージした強い男性をイメージしたデザインが施された。チームカラーはワイン色である。

しかし、聯合ニュースの報道によると、韓国禁煙運動協議会は2月21日に声明で「タバコ会社がスポーツ(のイベントや団体)を後援することは健康な精神と肉体を目指すスポーツ精神に外れるだけでなく、スポーツに対する冒涜(ぼうとく)行為の点で絶対あってはならない」と反対する姿勢を示した。WHO世界保健機関が定めて韓国の政府も批准した「タバコ規制枠組み条約」においても、タバコメーカーがスポーツ関連の後援は出来ないように勧告しているとともに、ウリ社の球団支援はやめなければいけないと主張している。また、韓国の政府に対しても「タバコの入った言葉のある企業がスポーツ関連の後援を一切出来ないように強制・禁止する法律を速やかに制定するように」求めている。

出典[編集]