韓国初の女性首相に韓明淑氏が就任

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年4月20日】 現地時間19日(日本時間±0, UTC+9)開催された大韓民国国会で、賛成多数で韓明淑(ハン・ミョンスク)氏が首相(国務総理)に指名された。韓国初の女性首相となる。20日には盧武鉉大統領から正式任命を受けた。

読売新聞、毎日新聞、東亜日報によると、韓明淑氏はウリ党所属の国会議員で、前李海瓚首相が不祥事をめぐり辞意を表明したことにより、後任として擁立された。19日に行われた首相任命同意案の採決では、野党のハンナラ党が自主投票としたこともあり、賛成182票、反対77票、棄権3票、無効2票で可決された。

出典[編集]