韓国と北朝鮮を結ぶ鉄道を試験運行

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
京義線の韓国側の北の終点、都羅山駅(資料)(GFDL)

【2006年5月13日】

朝日新聞によると、大韓民国朝鮮民主主義人民共和国は13日、両国を連絡する2路線の鉄道の試験運行を25日に行うことで合意したと発表した。1951年6月以来ほぼ55年ぶりの運転再開である。

共同通信によれば、11日から13日まで開城市で行われていた両国の鉄道・道路連結に関する実務協議において合意し、調印した(朝日)。運行を再開するのは、西海岸の京義線と東海岸の東海線東海北部線)。25日の午前11時(UTC+9)、記念式典を行い、京義線は韓国の汶山駅から北朝鮮の開城駅まで、東海線は北朝鮮の金剛山駅から韓国の猪津駅まで運転する。

日本経済新聞によれば、南北の鉄道の連結は2000年の両国の首脳会談で話し合われていたもの。鉄道の連結はすでにほぼ終わっているが、運行再開が遅れていた。

出典[編集]