阿久根出直し市長選挙、西平氏当選

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本の各種選挙で使われる投票箱(大阪市今津)

最近の記事

【2011年1月16日】

NHKによると、住民投票によるリコールで前市長が失職した事に伴って行われた鹿児島県阿久根市市長選挙が1月16日(UTC+9)に即日投開票され、リコール運動を請求した西平良将氏(37)が初当選した。

毎日新聞によると、前市長で今回も立候補した竹原信一氏(51)の一方的な市政運営に反旗を掲げて立候補した西平氏は1年ほど前から市長選挙立候補を目指し、まず5人で運動を開始。その後リコール成立を目指して昨年9月に出直し市長選挙への立候補を表明。同12月の住民投票では有権者の半数以上の署名を集めて竹原氏のリコールを実現したが、わずか398票差だったため、「惨敗に等しい。甘かった」と当時を振り返った。その後今回の市長選挙で賛同者も増えた。NHKによると、西平氏は「竹原氏の手法は独善的で、市民の間に対立を生む」として、今回の選挙では議会や市民との対話を重視する姿勢を示したという。

その一方で、読売新聞によると竹原氏は住民投票での失職後も市内にチラシ9000部を配って回ったが、告示後は「自分のファンにばかり訴えても意味がない」として集会はほとんどせず、選挙カーの運動のみにとどめたという。

開票結果(出典・NHK)[編集]

  • (当選)西平良将(無所属・新人)8509票
  • 竹原信一(無所属・前職)7645票

情報源[編集]

関連ニュース[編集]