阪神タイガース・金本選手、連続試合フルイニングス出場の世界新記録達成

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年4月9日】 西日本新聞によると、日本プロ野球阪神タイガース球団の金本知憲選手が、4月9日に大阪ドーム球場で開かれた横浜ベイスターズ戦にフル出場して、元メジャーリーグボルチモア・オリオールズ選手のカル・リプケンさんが持っていた903試合フルイニングス出場世界記録を更新し、904試合の世界新記録を達成した。

金本選手は広島カープ在籍中の1999年7月21日に開かれた阪神戦以来、全試合フルイニングス出場の記録を続けてきた。

日刊スポーツ、日本経済新聞によると、試合終了後球場で世界新記録を祝うセレモニーが行われ、リプケンさんからの祝辞と直筆メッセージ入りの記念バットが、また手塚昌利球団オーナーからも記念プレートが贈られた。また産経新聞によると、大阪市阪神百貨店でこの記録達成を祝うセレモニーがあり、同百貨店製作の号外が配布された。

出典[編集]