阪神、甲子園最終戦は降雨中止

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
甲子園球場(資料 2006年撮影)

【2008年10月1日】

神戸新聞によると、プロ野球阪神タイガースの本拠地である甲子園球場で9月30日(UTC+9)に行われる予定だった中日戦が雨天中止となった。

朝日新聞によると、甲子園球場は10月1日から外野席などの改修工事を行うため、9月30日が今年度の最後の試合であり、雨天中止となった場合でも10月以後の甲子園での延期開催をしないことになっていた。神戸新聞によると、この日、甲子園界隈は午後に入ってから雨脚が強まり、午後2時ごろ(同)開催の中止を決めたという。

ファンにとっては現在の外野席最後の試合を楽しもうとしていたが残念がっていたという。朝日新聞のインタビューに応えた東大阪市の43歳の会社員のファンは「30日が雨で中止になることは予想していたので、前夜(29日・広島戦)はナイターの消灯までいた。今日は最後のライトスタンドを撮ろうと思っていた」。また神戸新聞の取材に応えた洲本市出身で現在東京在住の女性ファンも「初めて甲子園での最終戦を見に来たのに残念です」とそれぞれ語っている。

なお両新聞によると、この試合の延期開催は10月11日以後を予定しているが、神戸スカイマーク球場で行われる可能性が高い。また、朝日新聞によるとクライマックスシリーズで阪神のホームゲームがある場合(2位の場合は1回戦、1位の場合は2回戦)は京セラ大阪ドームで行う計画があるという。

出典[編集]