長野県・志賀高原で雪崩がホテルに流れ込む 宿泊客2人がけが

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2010年2月8日】

2月6日午後7時40分頃(UTC+9)、長野県山ノ内町志賀高原に位置する前山スキー場で幅約30m雪崩が発生し、近くにある「硯川(すずりかわ)ホテル」の1階ロビーに雪が流れ込んだ[1][2][3]

前山スキー場は現在営業休止中で[1][2]、圧雪などはされていなかった[2]。雪崩は西側斜面で発生した[1]

ホテルでは、流れ込んだ雪によって窓ガラス2枚が割れ、宿泊していた神奈川県逗子市の夫婦が、手首を切る軽傷を負った[2][3]。また、中野署によると、ホテルの前に停められていた大型観光バス2台が雪に押し流され、駐車場では車およそ15台が雪に埋まった[2][3]。いずれの車内にも人はいなかったという[3]

長野地方気象台によると、発生当日は長野県北部で1メートルを超える積雪を記録し[1][2]、現場周辺では地吹雪になっていたという[1]

情報源[編集]

本ニュースは「読売新聞」と「毎日新聞」、「信濃毎日新聞」の以下の報道を情報源としている。

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 YOMIURI ONLINE 『志賀高原で雪崩、ホテルに流れ込み2人けが』読売新聞、2010年2月7日。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 毎日jp 『雪崩:ホテルのロビーに流れ込み2人けが 長野・志賀高原』毎日新聞社、2010年2月6日。
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 信毎Web 『県内で大雪 志賀高原で雪崩2人けが』信濃毎日新聞、2010年2月8日。