長崎市長、暴力団員に狙撃され死亡

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2007年4月17日】

JR長崎駅(資料)

18日の西日本新聞によると、伊藤一長長崎市市長(61歳)が18日午前2時28分(UTC+9)、搬送先の長崎大学付属病院で死亡したと、長崎県警が発表した。長崎大病院は午前4時30分から記者会見を開き、詳細を発表するとしている。

17日夜9時(UTC+9)のNHKニュースによると、JR長崎駅前で選挙活動中の伊藤氏が暴力団山口組系暴力団の銃撃を受けて、長崎大学付属病院に搬送された。

伊藤市長は銃弾を2発受けており、心肺停止で緊急手術を行ったが、西日本新聞によれば、翌18日大量出血のため死亡した。

17日のNHKによると、撃った男は現場で取り押さえられ、殺人未遂の疑いで逮捕された。共同通信=東奥日報によると、警察は6代目山口組水心会会長代行の城尾哲彌容疑者(59歳)を逮捕した。城尾容疑者は容疑を認めているという。

なお、産経新聞によると、長崎市長選挙は当初予定通り4月22日投票・即日開票で行うとし、故・伊藤氏に代わる補充立候補の受付を4月19日まで行う。これは公職選挙法の規定で、選挙期間中に市区町村長等の選挙立候補者が死亡した場合は立候補を辞退したものとして扱い、死去日が投票の3日前までであれば補充立候補が認められるため。今回の同選挙は現職の故・伊藤氏の他新人3人が立候補していた。

出典

Wikipedia
ウィキペディア長崎市長銃撃事件 (2007年)に関する記事があります。