金庫破り後にビールを飲み足が付き、犯行バレる - 大阪

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2009年9月4日】

毎日新聞読売新聞によると、大阪府警捜査3課は、大阪市内の事務所に侵入し、金庫などから8年間に亘り137件、総額約4,750万円相当の盗みを繰り返したとして、同市浪速区在住の原等(はら・ひとし)容疑者(61歳)を、窃盗などの容疑で逮捕送検したと、9月3日UTC+9、以下同様)に発表した。原容疑者は、冷蔵庫からもビールなどを何度も盗んで飲んでいたため、同府警の飲み残しの分析により、6件についてDNA型が一致し、同一人物による事件と見て行方を追っていた。

毎日によると、逮捕容疑は、2008年3月12日深夜に、同市西区阿波座会社事務所の金庫から、野球チケット切手など計約42万7,000円相当を盗んだというもの。毎日によると、同府警の調べとして、中小企業を中心に狙い、格子を外すなどの手口で侵入していた。原容疑者は、ビールなどをその場で飲んでいて、「金庫内の物を盗んだ後、一服するためだった」と供述。

毎日によると、原容疑者は、2008年12月に逮捕され、逮捕容疑の137件のうち12件(計約1,080万円相当)については、既に大阪地検常習特殊窃盗罪起訴している。

読売によると、原容疑者は大阪府警の調べに対して「事務所荒らしを10年以上やってきた。そろそろ年貢の納め時」と供述して余罪を自白したという。

情報源[編集]