酒井法子被告に懲役1年6ヶ月求刑 - 覚醒剤使用事件公判

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
酒井法子被告(2000年・香港で撮影 CC3.0資料)

【2009年10月27日】

東京新聞によると、覚醒剤使用の罪に問われている女優・酒井法子被告(38歳)の初公判が10月26日(UTC+9)、東京地裁であった。

酒井被告は7月30日ごろ、鹿児島県奄美大島ホテルで覚醒剤をあぶり吸った他、8月3日に東京都内の自宅で覚醒剤を持っていた罪に問われている。酒井被告は起訴内容を認め、「申し訳ありませんでした」と謝罪。夫で同じ罪に問われている高相祐一被告(41歳)とは「離婚して互いに更正したい」と話し、また「今後は継母と子供3人で暮らして、介護や福祉の勉強をしたい」と話した。検察側は「著名な芸能人が安易に覚醒剤を使用した社会的影響は大きい」として懲役1年6ヶ月を求刑し、また弁護側も執行猶予を求めてこの日結審した。判決は11月9日に言い渡される予定。

日刊スポーツによると、この酒井被告の初公判を傍聴しようと、東京地裁には6615人の市民が集まった。これは1996年4月に行われたオウム真理教松本智津夫死刑囚(54歳)の初公判のときの12292人に次ぐ東京地裁で史上第2番目の多い人数で、酒井被告初公判の一般傍聴席20席を求めて実に競争率330倍という超難関となった。中には整理券代わりのリストバンドを3本も手に入れる男性もいたという。また日刊スポーツの別の記事によると、この傍聴券を求めては著名人や各テレビ局のアナウンサーらも列に並んだという。

情報源[編集]