郵便事業松江支店、現金書留入りの郵袋を紛失

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2010年1月10日】

毎日新聞読売新聞によると、郵便事業会社松江支店島根県松江市)で2009年に取り扱った現金書留簡易書留など約20通入りの郵袋が紛失していたことが判明した。同支店は、松江市内の集配センターへ配送する途中で盗難に遭った可能性があるとして、島根県警松江署被害届を提出した。

毎日新聞によると、同支店関係者のコメントとして、2009年12月17日UTC+9、以下同様)に同市美保関町の集配センターに届けられる予定だった郵袋が、積載されたはずの配送用トラックの車内に無いことに、職員が気付いたという。被害届は同月23日付で提出された。

読売新聞によると、同支店の調査では、別の配送センターへ誤送された形跡は無かったとしている。また、被害金額は数百万円に及ぶ模様で、松江署は、窃盗事件として捜査を行っている。

情報源[編集]