那賀川のアゴヒゲアザラシ「ナカちゃん」死亡

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
ナカちゃん (2006年6月24日撮影)

【2006年8月29日】

読売新聞と神戸新聞によると、27日午後6時10分ごろに徳島県阿南市にある那賀川の中州で、アゴヒゲアザラシの「ナカちゃん」が頭部に外傷を負い、口から血を流した状態で死んでいるのが発見された。

国土交通省那賀川河川事務所によると、発見者が午後6時15分に「(河口から右岸3km付近で)怪我をしている」との連絡を受けて、市消防が現場に向かい救助。県立徳島動物園の獣医が午後9時に死亡を確認した。28日、徳島動物園で詳しい死亡の原因を調べたが、共同通信によれば、死因はわからなかった。

四国放送によれば、那賀川には28日、ナカちゃんを偲ぶ市民が多く集った。また、阿南市で行政連絡会が開かれ、記念プレートの設置が検討されることになった。なお、剥製の作成は難しいとされた。

ナカちゃんは昨年11月に発見されて以来那賀川に住み着いていたが、26日から姿が見えなくなっていたという。以前から、4月20日に護岸ブロックの隙間に挟まれて救助されたほか、6月には船のスクリューに巻き込まれて右後ろ足にけがを負うなどしていた。

関連記事[編集]

出典[編集]

参考