通信衛星、スカパーが一元化 宇宙通信買収へ

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2008年2月14日】

産経新聞によると、通信衛星 (CS) を使った衛星放送事業を行うスカパーJSATは、2月13日三菱グループ系のCS衛星を運営する会社・宇宙通信を買収することを発表した。今回の買収でスカイパーフェクTV!グループがCSの衛星管理・運用から放送番組の供給会社を一括管理・視聴料課金などを行うプラットフォーム事業まで全てを一元化することになる。

それによると、スカパーJSATは宇宙通信の三菱グループが保有していた株式を3月末をメドとして280億円で取得する。日経新聞によると、この時点では全株式の97%を買い取ることになるが、1年以内に残り3%を取得して完全子会社化する。また、将来はスカパーJSATの子会社で宇宙通信と同業のJSATと宇宙通信との合併も視野に入れているという。

産経新聞によると、宇宙通信は1985年に三菱商事等三菱グループの関連企業が共同で出資して設立され、衛星4基を保有して主に法人向けの衛星通信サービスを担当していた。一方スカパーJSATはCS衛星9基を使ってスカパー!と、e2 byスカパー!の2種類の有料専門チャンネル放送サービスを提供し、1月末現在358万人と個人契約を結んでいるが、地上デジタル放送への完全移行(2011年)を控えて、地上波・放送衛星 (BS) ・ケーブルテレビの放送やインターネットの動画配信などとの視聴者獲得競争の激化から、CS放送の加入者が減少傾向にあるため、経営基盤を強化して生き残りを図るとしている。

出典[編集]