訃報 雨宮淳氏 - 彫刻家

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2010年2月20日】

彫刻家日本芸術院会員の雨宮淳(あめのみや・あつし)氏が2月8日(UTC+9)、心不全のため東京都文京区の病院で死去した。72歳だった[1][2][3]

東京都出身[1][2]日本大学芸術学部卒業。北村西望氏らに師事した[2]。1963年に日展に初入選し[1]、以後も日展を中心に活躍[2][3]。主に女性の立像を手がけた[2][3]。1991年に日展内閣総理大臣賞[3]、1997年に日本芸術院賞を受賞[1]。2001年に日本芸術院会員となり[3]、2002年より日展常務理事[1]。日本彫刻会の理事長も務めた[1][2][3]

父親の故・治郎氏、姉の敬子さんも彫刻家である[2]

情報源[編集]

本ニュースは「時事通信」と「共同通信」、「朝日新聞」の以下の報道を情報源としている。

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 時事ドットコム 『雨宮淳氏死去(彫刻家)』時事通信社、2010年2月19日。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 2.6 47NEWS 『雨宮淳氏死去 彫刻家』共同通信社、2010年2月19日。
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4 3.5 asahi.com 『彫刻家の雨宮淳さん死去』朝日新聞社、2010年2月19日。