訃報 鈴木ヒロミツ氏

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2007年3月16日】 スポーツ報知によると、日本のタレント・鈴木ヒロミツ氏(本名:鈴木弘満)が3月14日午前10時2分、肝細胞がん千代田区の病院で死去した。60歳。

デイリースポーツによると、鈴木氏は昨年末体調不良を訴え、今年1月に診察を受けた際、余命3ヶ月の末期がんと診断を受けた。その際残りの人生を家族とともに過ごすことを決め、自宅で療養しながら通院をしていた。しかし3月13日の通院の際、肝不全となりそのまま入院。14日も朝までは意識があったものの次第に薄れ、家族に看取られながら息を引き取った。

スポーツ報知によると、鈴木氏はグループサウンズのユニット「モップス」の一員として歌手デビュー。1971年にモービル石油のCM「気楽に行こう」でガス欠の車を押すシーンが知られる。その後は俳優としても活躍し、今年5月に上映される予定の映画「歌謡曲だよ人生は」では不治の病を告げる医師の役を務めていた。

出典[編集]