訃報 野口二郎氏

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2007年5月22日】

四国新聞によると、プロ野球選手だった野口二郎さんが5月21日、肺炎のため宝塚市病院で死去した。87歳。

産経新聞によると、野口さんは愛知県中京商業中学(現・中京大学付属中京高等学校)時代に1937年度の、1938年度の甲子園全国大会に出場し連続して優勝投手。その後はプロ野球に入り、東京セネタースに入団した1939年度の大会で33勝の当時の新人最多勝利記録を達成。また大洋軍に移籍した1942年には527回1/3登板して40勝した。野手としても活躍し、阪急軍に移籍した1946年には31試合連続安打記録も挙げている。

日刊スポーツによると生涯成績は投手として237勝139敗。打者としては2割4部8厘の成績を残して1953年引退。その後阪急と近鉄等のコーチを歴任した。1989年度野球殿堂入り。

出典[編集]