訃報 田向正健氏 - 脚本家、連続テレビ小説や大河ドラマを手がける

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2010年3月8日】

脚本家田向正健(たむかい・せいけん)氏が3月5日午前2時23分(UTC+9)、直腸癌のため神奈川県相模原市の病院で死去した。73歳だった[1][2]

東京都出身[1][2]松竹所属の映画監督として[2]1969年に映画『とめてくれるなおっ母さん』の監督・脚本を担当。同年に松竹を退職して脚本家に転向し[3]木下プロダクション所属を経て独立[1]

1976年にNHK連続テレビ小説雲のじゅうたん」で注目された[2]。他に連続テレビ小説「ロマンス[1][2]大河ドラマ武田信玄」「信長」「徳川慶喜」など[1][2][3]、多数のテレビドラマや映画作品の脚本を担当した[1]

1988年、ドラマ「橋の上においでよ」で向田邦子賞を受賞。1994年には「街角」で芸術選奨文部大臣賞を受賞した[1]

情報源[編集]

本ニュースは「共同通信」と「時事通信」、「朝日新聞」の以下の報道を情報源としている。

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 47NEWS 『田向正健氏死去 脚本家』共同通信社、2010年3月5日。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 時事ドットコム 『脚本家の田向正健氏死去』時事通信社、2010年3月5日。
  3. 3.0 3.1 asahi.com 『脚本家の田向正健さん死去 「雲のじゅうたん」』朝日新聞社、2010年3月6日。