訃報 熊田千佳慕氏

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2009年8月15日】

朝日新聞毎日新聞読売新聞によると、画家熊田千佳慕(くまだ・ちかぼ、本名:熊田五郎)氏が8月13日(UTC+9、以下同様)、誤嚥肺炎のため神奈川県横浜市内の自宅で死去した。98歳だった[1][2][3]

横浜市出身。東京美術学校(現:東京芸術大学)在籍中、対外宣伝用グラフ誌「NIPPON」のレイアウトを担当した。また、同門であった写真家の土門拳に撮影の助言も行っていた[3]

戦後絵本作家として活動[2][3]。60歳のころから、少年時に親しんだ「ファーブル昆虫記」を絵本化した「ファーブル昆虫記の虫たち」シリーズの制作がライフワークとなり、70歳の時に同作でイタリアボローニャ国際絵本原画展に入選を果たした[1][3]。徹底した観察に基づいた細密な昆虫画で知られ、「日本のプチ・ファーブル」と呼ばれた[2][3]

8月12日から、東京銀座松屋銀座個展が始まったばかりであった[1][2]。個展に多数の観客が訪れたと聞いて喜んでいたという[3]

情報源[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 asahi.com 『画家の熊田千佳慕さん死去 ファーブル昆虫記の虫たち』朝日新聞社、2009年8月13日。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 毎日jp 『訃報:熊田千佳慕さん98歳=画家』毎日新聞社、2009年8月13日。
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4 3.5 YOMIURI ONLINE 『「ファーブル昆虫記」の画家、熊田さん死去』読売新聞、2009年8月13日。