訃報 永井一郎氏 - 「サザエさん」の波平

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2014年1月28日】 朝日新聞によると、アニメサザエさん」の波平役などの声優で知られた永井一郎氏が1月27日、広島市内のホテルで死亡したことが分かった。82歳。広島中央警察署によると、永井氏は2月に放送される中国放送の番組のナレーターとして出演するための収録で、1月26日に同市を訪れ、その日にホテルにチェックイン、27日にチェックアウトする予定だったが、27日午後0:30頃、そのホテルの客室にある浴槽で倒れているのを従業員が見つけ、病院に搬送されたが、死亡が確認された。死因は虚血性心疾患だった。

スポーツニッポンによると永井氏は1931年、大阪府生まれ。京都大学を卒業後、演劇の道を志して上京し、会社員をする傍ら舞台俳優の養成所に通い、その後「劇団三期会」の旗揚げに参加。その後は声優となり、「サザエさん」の磯野波平を初め、「ゲゲゲの鬼太郎」の小泣き爺、「YAWARA!」の猪熊滋悟郎などを演じた。

NHKによると、「サザエさん」は特に1969年に第1回の放送を開始してから40年余にわたり波平役を担当し、息子のカツオに対する「バカモン!!」としかるシーンが有名であった。産経新聞がフジテレビに取材したところによれば、永井氏は2月9日に放送する予定の番組まで「サザエさん」の収録を済ませていたという。フジテレビは永井氏の突然の訃報の対応に追われ、今後の代役などは検討中とするコメントを出している。またスポニチによると、「朗読のヒント」「バカモン!!波平ニッポンをしかる」などの著書もある。

情報源[編集]