訃報 梅棹忠夫氏 - 民族学者、国立民族学博物館初代館長

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2010年7月8日】

梅棹氏が初代館長を務めた国立民族学博物館(参考、CC-by-sa-2.5

文明の生態史観」など独創的な文明論で知られ、国立民族学博物館の初代館長を務めた民族学者梅棹忠夫(うめさお・ただお)氏が7月3日午前11時7分(UTC+9)、老衰のため大阪府内の自宅で死去した。90歳だった[1][2][3][4]

1920年、京都市に生まれる。旧制第三高等学校在学中、中学校時代の先輩だった人類学者今西錦司氏らと登山探険に熱中した[3]京都大学では理学部動物学科で[1]動物生態学を専攻し[3]中国東北部大興安嶺内モンゴルなどを探険した[1][3]

戦後は、大阪市立大学助教授を務めていた1955年に京都大学カラコルムヒンズークシ学術探検隊に参加した[1][3][4]ことをきっかけに文化人類学・民族学専攻に転じ[1][2][4]、世界各地を調査[1]。1957年に発表された「文明の生態史観」は、従来のヨーロッパ中心の世界観と一線を画す独自の視点で注目を浴びた[1][3][4]。他の著作に「知的生産の技術」(1969年)など[1][2][3][4]

また、文化人類学・民族学の調査拠点となる国立民族学博物館の設立にも尽力し[1][2]、1974年に同館の初代館長に就任した[1][2][3]。この功績により1987年には朝日賞を受賞[3]。1993年に退任してからは同館の顧問を務めていた[2]

1986年に視神経の病気のため[2]失明するが[1][2][3][4]、以降も執筆意欲は衰えず、1994年に「梅棹忠夫著作集」(全23巻[3]、うち別冊1巻[1])を完成させた[3]。1991年に文化功労者に選ばれ[1][4]、1994年に文化勲章を受賞[1][2]。2004年には肺癌などの手術を行い[2][3]、2005年には脳梗塞を発症したが、リハビリを続け復帰[2]。今年春まで国立民族学博物館に顔を見せていたという[3]

情報源[編集]

本ニュースは「毎日新聞」と「時事通信」、「朝日新聞」、「東京新聞」の以下の報道を情報源としている。

  1. 1.00 1.01 1.02 1.03 1.04 1.05 1.06 1.07 1.08 1.09 1.10 1.11 1.12 1.13 毎日jp 『訃報:梅棹忠夫さん90歳=文化人類学「文明の生態史観」』毎日新聞社、2010年7月6日。
  2. 2.00 2.01 2.02 2.03 2.04 2.05 2.06 2.07 2.08 2.09 2.10 時事ドットコム 『梅棹忠夫さん死去=「文明の生態史観」で反響-民族学研究の第一人者』時事通信社、2010年7月6日。
  3. 3.00 3.01 3.02 3.03 3.04 3.05 3.06 3.07 3.08 3.09 3.10 3.11 3.12 3.13 asahi.com 関西 『民族学者で文化勲章受章者の梅棹忠夫さん死去、90歳』朝日新聞社、2010年7月6日。
  4. 4.0 4.1 4.2 4.3 4.4 4.5 4.6 TOKYO Web 『梅棹忠夫さん死去 90歳、民族学者』東京新聞社、2010年7月6日。