訃報 柳亭痴楽氏

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2009年9月8日】

毎日新聞時事通信西日本新聞によると、落語家柳亭痴楽(りゅうてい・ちらく、本名:沢辺幸三 さわべ・こうぞう)氏が9月7日午後9時47分(UTC+9)、腎不全のため東京都北区の自宅で死去した。57歳だった[1][2][3]

北海道当別町出身[2]。1968年に、「痴楽綴方狂室」で知られた四代目柳亭痴楽に入門。1983年に真打に昇進し、四代目痴楽の没後、1996年に小痴楽から五代目痴楽を襲名[1][3]古典落語を得意とし、高座だけでなくテレビ出演でも活躍した[2]

2005年に脳幹出血で倒れ、療養中であった[1][2][3]

情報源[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 毎日jp 『訃報:柳亭痴楽さん57歳=落語家』毎日新聞社、2009年9月8日。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 時事ドットコム 『落語家の柳亭痴楽さん死去』時事通信社、2009年9月8日。
  3. 3.0 3.1 3.2 西日本新聞 『柳亭痴楽氏死去 落語家』西日本新聞社、2009年9月8日。