訃報 林忠四郎氏 - 宇宙物理学者

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2010年3月3日】

宇宙物理学者京都大学名誉教授林忠四郎(はやし・ちゅうしろう)氏が2月28日午後3時(UTC+9)、肺炎のため京都市伏見区[1][2]の病院で死去した。89歳だった[1][2][3]

京都市出身[1][2][3]。1942年に東京帝国大学[1]理学部を卒業[2]。1945年に[2]湯川秀樹博士の門下生となり[1][2][3]、京都大学助教授を経て[1][2]1957年より京都大学理学部教授、1977年より同学部長に就任[3]。1984年まで教職を務めた[2]

1950年に元素の起源についての理論「アルファ・ベータ・ガンマ・ハヤシの理論」を発表するなど原子核物理学を研究した一方、宇宙物理学の研究も手がけた[1]天文学基礎物理学の理論を導入し[2]宇宙の初期における元素形成、太陽系の起源、銀河系の形成などの分野で研究を行った[2][3]。星の誕生から死に至るまでの進化過程を研究する分野においては、進化の過程できわめて強く輝く「林フェイズ」と呼ばれる時期が存在することを理論的に解明し、世界的に高い評価を受けた[2][3]

1970年、イギリス王立天文学会エディントン・メダルを日本人として初めて受賞[1][2]。1982年に文化功労者に選ばれ、1986年に文化勲章を受賞[1][2]。1995年に京都賞基礎科学部門受賞[2]、2004年には太平洋天文学会のブルース賞を日本人で初めて受賞した[1]日本学士院会員[1][2]

情報源[編集]

本ニュースは「共同通信」と「京都新聞」、「時事通信」の以下の報道を情報源としている。

  1. 1.00 1.01 1.02 1.03 1.04 1.05 1.06 1.07 1.08 1.09 1.10 47NEWS 『林忠四郎氏死去 京都大名誉教授』共同通信社、2010年3月1日。
  2. 2.00 2.01 2.02 2.03 2.04 2.05 2.06 2.07 2.08 2.09 2.10 2.11 2.12 2.13 2.14 The Kyoto Shimbun Web News 『林忠四郎氏が死去 天文学に物理学導入、京大名誉教授』京都新聞社、2010年3月1日。
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4 3.5 時事ドットコム 『宇宙物理学者の林忠四郎氏死去=恒星進化の理論で業績』時事通信社、2010年3月1日。