訃報 木下順二氏

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年11月30日】 毎日新聞などによると民話を基にした名作『夕鶴』や壮大な叙事詩劇『子午線の祀り』など戦後演劇を代表する戯曲を書いた劇作家、小説家の木下順二さんが同年10月30日肺炎のために東京都文京区の病院で死去していたことが29日にわかった。92歳だった。葬儀は故人の遺志により行わなかった。

毎日新聞、朝日新聞によると順二さんは1914年東京都本郷生まれ。自宅は東京都文京区。朝日新聞によれば、お別れ会は来年4月に、故人の『沖縄』の公演に併せて行うことを、劇団民藝が予定している。

出典