訃報 平木隆三氏 - 元名古屋グランパス初代監督

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2009年1月3日】 毎日新聞によると、サッカー日本代表の選手・コーチ、またJリーグ名古屋グランパス初代監督も努めた平木隆三氏が1月2日、重症肺炎で死去した。77歳だった。

時事通信と毎日新聞によると、平木氏は大阪府出身。岸和田高校から関西学院大学などを経て、古河電工(現・ジェフユナイテッド千葉)の選手となる。1956年のメルボルン五輪、1964年東京五輪では選手として活躍し、1964年のそれにはベスト8に輝いた。その後1968年メキシコ五輪ではコーチとして銅メダルに導く。その後日本ユース代表の監督にもなった。そして1993年にJリーグの名古屋グランパス初代監督に就任し、1年だけ指揮を執った。

日刊スポーツによると、同じ大学・会社で1年先輩にあたる故・長沼健氏を側面から支援し、1980年代のサッカー低迷期の時代には各種サッカー中継の解説を担当した。

出典[編集]