訃報 工藤甲人氏 - 日本画家、毎日芸術賞受賞

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2011年7月31日】

日本画家東京芸術大学名誉教授工藤甲人(くどう・こうじん、本名:工藤儀助(くどう・ぎすけ))氏が7月29日14時48分[注釈 1]UTC+9)、自宅がある神奈川県平塚市[注釈 2]老衰のため死去した。95歳だった[1][2][3]

青森県弘前市に生まれ[1][3]、19歳で上京[3]川端画学校卒業の後、福田豊四郎氏に師事[1][3]創画会の設立に参加し[1][3]、以降同会を中心に活動した[2]。伝統的題材に囚われることない独自の世界を追求し[1]、小動物や昆虫などを精密に描く[2]幻想的作風によって日本画の新境地を開いたと評価された[1][3]芸術選奨文部大臣賞[注釈 3]毎日芸術賞(1992年[注釈 4][1]受賞・勲四等旭日小綬章(1989年)受章[3]

遺族の話によると、6年ほど前に脳梗塞を発症して以降は車椅子で生活していたが、創作意欲は晩年まで衰えなかったという。2008年の第34回春季創画展に出品された「春の序幕」が最後に発表された作品となった[3]

注釈[編集]

  1. 時刻は陸奥新報より
  2. 陸奥新報より
  3. Wikipedia日本語版の工藤甲人の記事によると1988年受賞
  4. 朝日新聞より

情報源[編集]

本ニュースは「毎日新聞」「朝日新聞」および「陸奥新報」の以下の報道を情報源としている。

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 毎日.jp 『訃報:工藤甲人さん95歳=日本画に新境地、毎日芸術賞』毎日新聞社、2011年7月30日。
  2. 2.0 2.1 2.2 asahi.com 『日本画家の工藤甲人さん死去』朝日新聞社、2011年7月30日。
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4 3.5 3.6 3.7 『弘前出身、日本画壇の巨匠 工藤甲人さん死去』陸奥新報社、2011年7月31日。