訃報 工藤千博氏 - ヴァイオリニスト

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2009年10月11日】

時事通信、毎日新聞によると、ヴァイオリニスト工藤千博(くどう・ちひろ)氏が10月9日午前8時35分(UTC+9 以下同)、胃がんのため兵庫県川西市の病院で死去した。62歳だった[1][2]

長野県丸子町出身、自宅は大阪府豊中市[1]。1986年から2006年まで京都市交響楽団コンサートマスターを務めた[1][2]。ヴァイオリンの名指導者として知られており[1]、同じくヴァイオリニストである妻の小栗まち絵さんとともに、チャイコフスキー国際コンクールヴァイオリン部門優勝者である神尾真由子さんらを育成した[2]

情報源[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 時事ドットコム 『バイオリニストの工藤千博氏死去』時事通信社、2009年10月9日。
  2. 2.0 2.1 2.2 毎日jp 『訃報:工藤千博さん 62歳=バイオリニスト、元京都市交響楽団コンサートマスター』毎日新聞社、2009年10月10日。