訃報 小田実氏

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2007年7月30日】 中日スポーツ、デイリースポーツによると、作家で平和・反戦運動家として知られた小田実(おだ・まこと)さんが7月30日日本時間午前2時5分、胃がんのため東京都内病院で死去した。75歳。中スポによると、小田さんは4月に末期がんを発表し闘病生活に当たっていた。

両紙によると、小田さんは大阪市出身。東京大学大学院時代の1958年にフルブライト留学生の制度でアメリカに渡り、ハーバード大学大学院留学。その後海外への旅行体験をまとめた著書「なんでも見てやろう」を著し、ベストセラーになる。

帰国後鶴見俊輔さんらと「ベトナムに平和を!!市民連合」という団体を結成し、ベトナム戦争反対運動のリーダー格として活躍した他、阪神淡路大震災の生活再建支援法制定を訴えたり、「九条の会」結成など社会運動家として知られた。作家としては1988年発表の小説「HIROSIMA」において「アジア・アフリカ作家会議・ロータス賞」、1997年の「アボジを読む」で「川端康成文学賞」などを獲得している。

出典[編集]