訃報 宿沢広朗氏

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年6月18日】 朝日新聞によると、ラグビーの元日本代表監督で、三井住友銀行取締役専務執行役員でもある宿沢広朗氏が17日 (UTC+9)、心筋梗塞で急死した。55歳。

日刊スポーツによると、宿沢氏はこの日、群馬県赤城山に登山したが、下山中に倒れ、胸の痛みを訴えてその後意識不明に。直ちに前橋市の病院に運ばれたが心筋梗塞で亡くなった。

デイリースポーツによると、宿沢氏は住友銀行の行員として海外勤務をした後、市場部門で活躍。またラグビー選手としては、熊谷高校から早稲田大学でスクラムハーフでプレーし、早稲田では日本選手権2度の優勝を誇った。1989年から2年間は日本代表の監督をつとめた。

出典