訃報 宇井純氏

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年11月12日】

北海道新聞、朝日新聞によると、沖縄大学名誉教授の宇井純さん (74) が、11日午前3時34分、東京都港区内の病院で死去した。胸部大動脈瘤破裂だった。葬儀は16日、桐ヶ谷斎場で行われる予定。喪主は妻の紀子さん。

朝日・読売新聞によれば、宇井さんは東京都生まれ、栃木県出身。東京大学応用科学科(読売新聞によれば工学科)を卒業した。日本ゼオンに勤めたあと、1965年、同大学の都市工学科助手に着任。衛生工学を専攻し、水俣病の研究を続けた。国際会議や労働組合機関誌に研究成果を発表し、被害者への支援も長期にわたって行った。

また、東大では大学非公認の自主講座を夜間に行った。同講座では、住民に公害被害の深刻さを訴え、被害者とともに15年余り続けた。公害研究では、世界保健機関 (WHO) の研究員としてアメリカへ渡るなどし、世界的に名を知られることとなった。

1986年、沖縄大学に招き入れられ、教授になった。新石垣空港の反対運動などを展開するなど、ここでも公害問題に取り組んだ。これらの成果が認められ、アジア太平洋環境賞や国連環境計画グローバル500賞などの賞も受賞した。

著書には、「公害原論」「キミよ歩いて考えろ」などがある。

出典