訃報 奥村公延氏 - 俳優

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2010年1月14日】

俳優奥村公延(おくむら・こうえん、本名:進=すすむ)氏が昨年12月24日午前3時27分(UTC+9)、呼吸器不全のため東京都武蔵野市の病院で死去した。79歳だった[1][2][3][4]

東京都出身[2]新劇劇団「近代劇場」に入団し、『浮浪雲』などの舞台作品に出演[1]。また、映画お葬式』の遺体役など、多くの映画やテレビドラマに出演した名脇役として知られた[1][2]。『お葬式』では、箱根の寺院で習ったという座禅の呼吸法を用いて遺体役を演じ[4]、「日本一の死体役」と評された[3][4]

近年は体調不良のため自宅で静養しており、昨年7月から肺気腫のため入院中であった[3]

情報源[編集]

本ニュースは「読売新聞」と「共同通信」、「FNNニュース」および「サンケイスポーツ」の以下の報道を情報源としている。

  1. 1.0 1.1 1.2 YOMIURI ONLINE 『「お葬式」で死体役、俳優の奥村公延さん死去』読売新聞、2009年1月13日。
  2. 2.0 2.1 2.2 47NEWS 『奥村公延氏死去 俳優』共同通信社、2009年1月14日。
  3. 3.0 3.1 3.2 FNNニュース 『名脇役・奥村公延さんが年末に死去 79歳 映画「お葬式」死体役で脚光浴びる』フジニュースネットワーク、2009年1月14日。
  4. 4.0 4.1 4.2 SANSPO.COM 『奥村公延氏が死去、映画「お葬式」遺体役』産業経済新聞社、2009年1月15日。