訃報 大浦みずきさん - 元宝塚歌劇トップ女優

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2009年11月17日】 読売新聞によると、宝塚歌劇の元トップスターで女優大浦みずきさん(本名・阪田なつめ)が11月14日(UTC+9)、肺癌で死去した。53歳。

大浦さんは宝塚歌劇花組でトップスタートして活躍の後、1991年退団。以後はミュージカル女優として活動し続けた。実父は作家・阪田寛夫氏。

スポーツニッポンによると、大浦さんは宝塚入団前から心疾患を抱えており、体調のケアには気を使っていたという。しかし、2008年暮れに体調を悪化させ入院し、肺を覆う膜に水がたまって肺炎を起こす「胸膜炎」と診断。出演を予定していたミュージカルも降板した。その後体調が良くなったので2010年1月の公演に声の出演をする予定になっていたが10月末から病状が悪化し、その際肺癌も見つかり、息を引き取った。

情報源[編集]