訃報 夏夕介氏 - 俳優 『特捜最前線』刑事役など

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2010年1月28日】

刑事ドラマ『愛と誠』『特捜最前線』などで活躍し、二枚目俳優として知られた夏夕介(なつ・ゆうすけ、本名:田浦久幸=たうら・ひさゆき)氏が1月27日午前6時51分(UTC+9)、胃癌のため東京都内の病院で死去した。59歳だった[1][2][3]

夏さんは昨年秋頃に体調を崩しており[2]、11月下旬に胃癌が見つかり、手術を受けた。いったんは回復し退院したが、その後再び体調を崩して入院していた[3]

夏さんは熊本県出身[1]。1969年、当時所属していたバンドのボーカルであった和田アキ子さんのプロデビューに合わせて上京し[2]グループ・サウンズオックス」のキーボード奏者としてデビュー[2][3]。その後、1970年には映画『野良猫ロック ワイルド・ジャンボ』で俳優デビューした[2][3]

1974年、テレビドラマ純愛山河 愛と誠』の太賀誠役で人気俳優となった[1][2]。『特捜最前線』には1980年より出演し、叶刑事役で人気を博した[2]。この他、ドラマ『赤い絆』や映画『花の降る午後』などに出演した[1]

1982年に『特捜最前線』で共演した女優の伊藤めぐみさんと結婚。宝塚歌劇団所属の女優愛花ちさきさんは長女。[2]

1996年以降、顔面神経が麻痺する病気にかかり表舞台から姿を消したが、後に克服して復帰。2000年からは劇団シアタージャパン俳優部代表を務めていた[3]

情報源[編集]

本ニュースは「共同通信」と「サンケイスポーツ」、「朝日新聞」の以下の報道を情報源としている。

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 47NEWS 『夏夕介氏死去 俳優』共同通信社、2010年1月27日。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 2.6 2.7 SANSPO.COM 『夏夕介さん死去59歳、刑事ドラマで活躍』産業経済新聞社、2010年1月28日。
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4 asahi.com 『「特捜最前線」夏夕介さん胃がんで死去』朝日新聞社、2010年1月28日。