訃報 加藤博一氏

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2008年1月22日】 スポーツニッポンによると、プロ野球選手だった加藤博一さんが1月21日午後0時54分(日本時間)、肺がんのため神奈川県病院で死去した。56歳。

産経新聞、時事通信によると、加藤氏の遺族の話で2年前に肺がんと診断され、2007年に左肺を摘出する手術を行った後、野球解説者としての仕事に復帰していたが、その後複数の箇所にがんが転移し、治療・入退院を繰り返していた。

産経、スポニチ、時事によると、加藤氏は佐賀県出身。1970年にプロ野球西鉄ライオンズ(現・埼玉西武)ドラフト外入団。その後1976年阪神タイガース、1983年大洋ホエールズ(現・横浜ベイスターズ)と移籍。特に阪神時代の1980年には112試合出場・打率0.314のセ・リーグ5位の成績を残した。また大洋時代には高木豊屋敷要両選手とともに「スーパーカートリオ」として知られていた。1990年引退後、野球解説者として活動していた。

出典[編集]