訃報 元横綱・琴桜 鎌谷紀雄さん

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2007年8月15日】

日刊スポーツによると、大相撲・先代佐渡ヶ嶽親方鎌谷紀雄さん(かまたに・のりお)が8月14日午後6時19分(日本時間)死去した。享年66。

西日本スポーツによると、鎌谷さんは7月に行われた名古屋場所後に大関に昇進した琴光喜関の祝賀に訪れていた時は元気な姿を見せていたが、その後体調不良を訴えて入院し、手術を受けていたが8月14日朝に容態が急変し死亡した。

日刊によると、鎌谷さんは元第53代横綱琴桜。1959年初場所で初土俵。強烈な押し相撲を得意とするその姿から猛牛の異名を取った。1973年初場所後横綱に昇進。5回の優勝を誇っていたが、1974年名古屋場所後に引退。佐渡ヶ嶽部屋を継承して琴風(現尾車親方)や琴欧洲などの力士を育てた。

出典[編集]