訃報 伊藤正己氏 - 元最高裁判事、表現の自由を研究

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2010年12月31日】

最高裁判所判事東京大学名誉教授伊藤正己(いとう・まさみ)氏が12月27日午後0時27分(UTC+9[注釈 1]呼吸不全のため東京都新宿区の病院で[注釈 2]死去した。91歳だった[1][2][3]。伊藤氏は英米法憲法の研究を進め[1][2]、「表現の自由」を重視した意見を多数述べたことで知られた[3]

兵庫県に生まれ[1]、1943年に東京帝国大学(現:東京大学)卒業[2]東京大学法学部教授・同学部長を務め[2][3]、英米法の基本となる「法の支配」を研究[2]。1960年には著作「言論・出版の自由」によって日本学士院賞を受賞した[1]

1980年に最高裁判事に就任。殉職した自衛官護国神社合祀されたことをめぐる1988年の「自衛官合祀訴訟」では[3]、行為を合憲とした大法廷判決に対し、ただ一人反対意見を述べた[1][2][3]。このほか、1986年の「北方ジャーナル訴訟」では「事前差し止めは厳しく制限すべきである」とする補足意見をつけるなど[2]、法廷の多数意見に対して、学者を前身とする判事として[注釈 3]40件以上に及ぶ[注釈 2]反対意見・補足意見を述べた[2][3]。1989年の「百里基地訴訟」などの判決裁判長を務め、1989年9月[注釈 3]に退官[1][2][3]

退官後は文化庁著作権審議会会長などを務め、1993年に勲一等旭日大綬章、1999年に文化勲章を受賞した[2]

注釈[編集]

  1. 時刻は日本経済新聞より
  2. 2.0 2.1 毎日新聞より
  3. 3.0 3.1 朝日新聞より

情報源[編集]

本ニュースは「朝日新聞」「日本経済新聞」および「毎日新聞」の以下の報道を情報源としている。

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 asahi.com 『元最高裁判事・東大名誉教授の伊藤正己さん死去』朝日新聞社、2010年12月29日。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 2.6 2.7 2.8 2.9 『伊藤正己氏が死去 元最高裁判事、憲法の権威』日本経済新聞社、2010年12月29日。
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4 3.5 3.6 毎日jp 『訃報:伊藤正己さん91歳=言論の自由重視、元最高裁判事』毎日新聞社、2010年12月29日。