訃報 中村寅吉選手

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2008年2月11日】 東京新聞と日経新聞によると、戦後日本ゴルフブームの火付け役で、「トラさん」の愛称で有名だったプロゴルファー中村寅吉選手が2月11日夕方4時15分、老衰のため神奈川県病院で死去した。92歳。

東京新聞とデイリースポーツによると、中村氏は横浜市出身。1957年に日本・埼玉県で行われた国別対抗カナダカップ(現・ワールドカップ)において、小野光一選手と組んで、海外の強豪を下し見事団体戦・個人戦2冠を達成する快挙を成し遂げ注目された。またデイリーによると1958年のマスターズ選手権にも戦後日本人初出場している。

また日経新聞によると、日本オープン選手権に3回、日本プロ選手権4回などの優勝暦を持ち、また1981年に行われた関東プロシニア選手権では1ホール65ストロークスで日本の公式戦史上初のエイジシュート(自らの年齢より下のストロークス数で上がること)を決めている。また指導者としても樋口久子・現日本女子プロゴルフ協会会長らを輩出した。

出典