訃報 丘灯至夫氏 - 「高校三年生」作詞家

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2009年11月28日】

高校三年生」などの楽曲で知られた作詞家丘灯至夫(おか・としお、本名:西山安吉 にしやま・やすきち)氏が11月24日午前4時2分(UTC+9)、腎不全のため東京都内の病院で死去した。92歳だった[1][2][3]

福島県に生まれ[1][2]、詩人の西条八十氏に師事[1]。終戦後、新聞社勤務の傍ら作詞活動を始め、1949年に日本コロムビアの専属作詞家に就任[1][3]。「高原列車は行く」「あこがれの郵便馬車」「東京のバスガール」など、数多くのヒット曲を生み出す[1][2]。作曲家の古関裕而遠藤実両氏とコンビを組んで活躍[1]。1963年にリリースした舟木一夫氏のデビュー曲「高校三年生」で日本レコード大賞作詞賞を受賞した[1][2][3]歌謡曲のほか、「みなしごハッチ」「ハクション大魔王の歌」などのアニメ主題歌も手がけた[1][2][3]

昨年6月頃に体調を崩し、今年6月より慢性腎不全のため入院中であった[3]

「高校三年生」を歌った舟木一夫氏は、「『高校三年生』の生みの親が相次いで亡くなられて[注釈 1]、ドラ息子だけが残っちゃいました。青春時代に丘、遠藤両先生にたくさんのヒット曲をいただいて育ちましたから、自分の育ての親を失ったような気持ちです」という談話を発表した[2][3]

注釈[編集]

  1. 「高校三年生」を作曲した遠藤実氏は昨年12月に死去している。

情報源[編集]

本ニュースは「共同通信」と「朝日新聞」、「デイリースポーツ」の以下の報道を情報源としている。

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 1.7 47NEWS 『丘灯至夫氏死去 作詞家』共同通信社、2009年11月24日。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 asahi.com 『「高校三年生」 作詞家の丘灯至夫さん死去』朝日新聞社、2009年11月24日。
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4 3.5 デイリースポーツonline 『舟木一夫ショック…丘灯至夫さん死去』デイリースポーツ、2009年11月24日。