訃報 ヴォルフガング・ワーグナー氏 - 作曲家リヒャルト・ワーグナーの孫、ドイツ・バイロイト音楽祭前総監督

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2010年3月25日】

ドイツ作曲家リヒャルト・ワーグナーの孫で、長年にわたりバイロイト音楽祭総監督を務めたヴォルフガング・ワーグナー氏が3月21日(UTC+1)、バイロイト市内で[1]死去した。90歳だった[1][2]。音楽祭の運営団体が発表した[1][2]

1919年にバイロイトで生まれる[1][2]第二次世界大戦終結後の1951年、ヒトラーへ協力したことの責任を問われた母親に代わり、兄ヴィーラント氏とともに[1]戦争で中断していた[2]バイロイト音楽祭を再開[1][2]。ヴィーラント氏の死後は1人でバイロイト音楽祭総監督を務め、2008年8月末まで[1]57年間にわたりその地位にあった[2]。日本を訪れ、東京歌劇ローエングリン』の演出を行ったこともある[1]

総監督の後継者問題は一族お家騒動に発展したが、2008年にヴォルフガング氏の2人の娘が共同で総監督に就任することとなった[1]

情報源[編集]

本ニュースは「共同通信」と「ロイター」の以下の報道を情報源としている。

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 1.7 1.8 47NEWS 『ワーグナーの孫が死去、90歳 バイロイト祭の前総監督』共同通信社、2010年3月22日。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 『ワーグナーの孫、独バイロイト音楽祭の前総監督が死去』ロイター、2010年3月23日。