訃報 ヴォルフガング・サヴァリッシュ氏 - ドイツの指揮者 NHK交響楽団桂冠名誉指揮者

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2013年2月26日】

ドイツを代表する指揮者のひとり[注釈 1]で、NHK交響楽団での指揮などで日本でも人気を博した[注釈 2]ヴォルフガング・サヴァリッシュ氏が2月22日(UTC+1)、同国南部バイエルン州[注釈 3]グラッサウの自宅で死去した。89歳だった[1][2][3]

サヴァリッシュ氏がかつて20年にわたり音楽総監督を務めていたバイエルン国立歌劇場が2月24日に発表した[3]

1923年ミュンヘン生まれ[2]。早くから才能を認められて[1]、1947年にアウクスブルク市立歌劇場でデビューを果たす[2]。1957年から1962年までバイロイト音楽祭の指揮を行った[1]。1971年から1992年にかけてバイエルン国立歌劇場の音楽総監督を務め[2]ワーグナーリヒャルト・シュトラウスらによるドイツ・オペラ作品の公演で評価された[1]。1993年から2003年には米国フィラデルフィア管弦楽団の音楽監督を務めた[2]

また歌曲伴奏などでピアニストとしても活動し、バリトン歌手のフィッシャー=ディースカウ氏らとの共演によるドイツ歌曲の演奏で知られている[1]

日本との関係としては、1964年に初めてNHK交響楽団の指揮を行い[2]、以降もバイエルン歌劇場の公演などでしばしば来日[1]。NHK交響楽団からは桂冠名誉指揮者の称号を贈られている[1][2]

バイエルン国立歌劇場では、ジュゼッペ・ヴェルディ生誕200周年記念公演として予定されていた2月25日のズービン・メータ氏指揮による「レクイエム」の演奏を、サヴァリッシュ氏の追悼公演として開催した[3]

注釈[編集]

  1. AFPより
  2. 共同通信より
  3. 州はAFPより

情報源[編集]

本ニュースは「朝日新聞」「共同通信」および「AFP」の以下の報道を情報源としている。

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 朝日新聞デジタル 『ドイツの指揮者・サバリッシュさん死去』朝日新聞社、2013年2月24日。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 2.6 47NEWS 『独指揮者、サバリッシュ氏死去 日本で人気』共同通信社、2013年2月24日。
  3. 3.0 3.1 3.2 msnトピックス - AFPBB News 『ドイツの指揮者サヴァリッシュ氏が死去、89歳』フランス通信社、2013年2月25日。