訃報 ベトナムの結合双生児・ベトちゃん

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2007年10月6日】

読売新聞によると、ベトナム結合双生児の「ベトちゃん・ドクちゃん」の一人であるグエン・ベト氏が10月6日未明 (UTC+7)、同国・ホーチミンの病院にて26歳で死去した。これは、双子の弟であるドク氏が語ったものによる。

「ベトちゃん・ドクちゃん」はベトナム戦争が散布した枯葉剤の影響を受けて下半身のつながった状態で生まれ、その後1986年にベト氏が急性脳症にかかり危険になったので日本で治療を行った。その2年後の1988年に体の分離手術を行ったが、ベト氏は脳症の後遺症が残って寝たきりになり入院を続けていた。

時事通信によると、ベト氏は最近肺炎や腹部からの出血で重体になっていたとも伝えられている。

出典[編集]